画像拡大できます

カ サ ゴ

カサゴは、根の間や根の中に隠れている魚なので根を探るような釣方です。誘いはゆっくりとした上下の誘いが有効です
タックルは、錘負荷20〜30号・長さ1.8m〜2.7m先調子か7.3調子の使いなれた竿がお勧めです。
短めの竿のほうが誘いやすくアタリが取りやすいです。
根掛かりの多い釣なので仕掛けは多めに用意しましょう。

一つテンヤ

タックル

今タックルはお店に専用竿が色々出ています。自分気に入った竿を見つけて下さい。
釣友丸では貸し竿無料でお貸ししています。

仕掛け

道糸0.8号、リーダー2.5〜3号、テンヤは海の状況次第で3〜8号を使い分けします。

シ ャ ク リ ダ イ

タックル

シャクリ釣は、ライトタックルで魚を釣るため引きがダイレクトに味わえとても楽しい釣方です。
タックルはいろいろな物が代用できます。
アオリイカのタックル・キス竿・バスロット・テトラで穴釣に使うような短い竿がお勧めです
仕掛け
テンビンは
、鋳込みテンビン・キステンビン・中オモリの10号など人それぞれです。
道糸0.8〜2号ハリスは3〜6m、豆テンヤ1〜2号、お客さんによってそれぞれ違います色々試して見て下さい。
テバネのお客さんも歓迎しています。

メ バ ル

メバル釣は、それほど難しい釣ではありません。
仕掛けが着底したら、根掛りしない程度に仕掛けを上げときます。
メバルの食いの良い時は仕掛が着底したとたん当たります。
アタリが 有った時は強い合わせは禁物すぐに巻き上げず少し待って追い食いさせてパーフェクトを狙いましょう。
タックルは、錘負荷50号・長さ3m〜4mの胴調子の竿がお勧めです。

中 深 場

仕掛け
胴付き仕掛けの6〜10本バリ、針、ネムリセイゴ17号、幹糸、6号から、ハリス、3号から、オモリ200号。
仕掛けはそんなに難しくありません、浅場のメバル仕掛けを少し太めにすれば大丈夫です。
タックル
竿、錘負荷80〜150、200号の錘が背負えれば問題ありませんが、出来るだけ柔らかな同調しの物が良いと思います。
ア カ ム ツ
仕掛け
胴付仕掛けの3本針、(針)ムツ17号、(幹糸)7号(ハリス、長さ)4号60cmオモリ150号
アカムツは口が柔らかくバレ安い魚です。追い食いを待たずに一匹一匹大事にやり取りをし、巻き上げはゆっくり、出来るだけ手持ちで巻き上げます、取り込みの際小さくてもタモを使って取り込みましょう。

ハ ナ ダ イ

ハナダイは、アタリが有ったらビシビシ あわせる釣です。
針の数は3本〜6本、手返しを早くしたい時は針の数を少な目に!追食いを待ってダブル、トリプルを狙うなら針の数を多めにして下さい
タックルは錘負荷30〜50号・長さ2.1m〜3.0m先調子か7.3調子の竿がアタリが取りやすく合わせやすいです。

ヒ ラ メ

タックル
基本的にはヒラメ竿ですが、胴調子の竿ならばなんでも対応できます。

ヒラメはアタリが有ってからが勝負です。
ヒラメは敏感な魚です、アタリが来たら焦らず置き竿にしていた人はゆっくりとロットキーパーから外し出来るだけ魚に違和感を与えないようにしましょう。
ヒラメは早合わせは禁物、強い引き込む様なアタリが有るまで待ちます。
強い引き込むアタリが有ったら強く合わせずにゆっくり引き上げる用に合わせます。
ドラグ調整は必ずしときましょう!!

inserted by FC2 system